http://niigatacollcat.blog119.fc2.com/(ホームページ移転しました!)
☆新潟大学内にいる猫のむやみな繁殖拡大を防ぎ、猫と人間のよりよい共生を考えています☆
ツイッターもはじめました!→http://twitter.com/#!/niigata_collcat
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みんなの気持ちで幸せに!
2009年05月28日 (木) | 編集 |
ここのところ、目を通す余裕が無かったmixi、応援のメッセージや支援の申し出がたくさんあり、久しぶりに見て、胸が熱くなりました。

実際に活動している私を見たわけではなく、
ペット可のアパートで保護生活をしている猫たちを見たわけでもない、

それでも信じて応援してくれる、心優しい人たち。

私は、保護活動で何度、心が折れそうになったか分かりません。
ですが、励まし、応援、同じ気持ちで頑張ってくれる人たちがいてくれたから、立ち上がってこれました。
いつでも、感謝の気持ちでいっぱいです。
こんな私ですが、みなさんの気持ちを原動力にして、猫たち&それに関わる人たちに幸せになってもらいたいですね!

今日は、保護してすぐ里親さんが決まったビビちゃんが、トライアルに行きました。
bibi.jpg
携帯の画像なので汚くてすいません。

今回の里親さんは、私の働く車屋のお客さんで、以前、私に里親さんを紹介してくれた方です。
新潟というと、まだまだ半外飼いが多いので、最初は「どんな飼い方をしているんだろう」と不安だったのですが、この方は、完全室内飼育は当たり前!食事やストレスの無い生活、そして猫とお散歩もドライブもするという、根っからの愛猫家でした。
猫の医療の知識もあるし、家族だからと本当に大切にしてくれる・・・そんな人です。

2匹飼ってらっしゃったのですが、急病で1匹が亡くなり、残された15歳のアメショと、どうしようかと悩んでいた矢先。ビビを保健所から引き取った日に見ていただき、気に入ってもらったのでした。
今日からとりあえず3日間、先住猫との相性を見てもらいます。

しかも、子猫はエイズ・白血病かどうか、生後6ヶ月を過ぎないと分からない、ということをみなさんご存知ですか?

それをお伝えしたところ、白血病予防ワクチンをすぐ打ってくださるとのことで、土曜日に一緒に行く予定になりました!
エイズのほうはまだワクチンに信頼性が低いことを考え、また、白血病に比べて感染力も弱いので、医師の指導の下、気をつけていただくことになりました。

先住猫がいて、子猫をもらおうと考えている方で、その子猫がエイズ・白血病だったら?と考えて行動できる人はなかなかいません。医師ですら、「知らないほうが幸せですよ」と検査をすすめない人もいます。

今回、ビビが6ヶ月を過ぎて病気がないことを祈るばかりですが、病気だったとしても、幸せにしてくれること間違いなしです!!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。