http://niigatacollcat.blog119.fc2.com/(ホームページ移転しました!)
☆新潟大学内にいる猫のむやみな繁殖拡大を防ぎ、猫と人間のよりよい共生を考えています☆
ツイッターもはじめました!→http://twitter.com/#!/niigata_collcat
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


支援物資到着の報告と、ティティについて
2010年12月31日 (金) | 編集 |
ブログの更新がこのような時間になってしまって申し訳ありません…

今日のお世話は、紫苑、水あめ、Koyaが担当しました。
ブログは紫苑が担当します。


支援物資(縮小版)
今日は、S様から送って頂いた支援物資が到着しました。
上の写真がその支援物資です。
中身は爪みがき、おもちゃ、ペットシーツ、アガリクスでした。
どれも、あると大変助かるものなので、支援を頂いてとてもうれしく思いました。
S様、本当にありがとうございました。


また、以前にティティの仮譲渡についての記事がありましたが、そのことについても書こうと思います。
ティティは、私の家に仮譲渡となっていましたが、今月の初めに本譲渡となりました。
ティティの一族は、12月24日の記事でモコニニが書いたように、大学付近の畑にて処分されそうになっていたところをにいがたカレッジキャットにて保護されました。

私は今年の初夏の頃からティティを引き取りたいと思っていましたが、母が家を汚されることを嫌がり、また、猫は爪とぎやトイレを決められた場所でしないと思い込んでいて、猫を飼うことを許してくれませんでした。
しかし11月も終わりに近づいたころ、このサークルの撤退までに、少しでもサークルの猫を減らして負担を軽減したいという思いも手伝い、ティティを引き取りたいと母に必死に頼みました。
母は数十分の間断り続けていましたが、私が必死になって頼み続けたため、渋々ながらも仮譲渡で様子を見てもよいということになりました。
しかし、夜鳴きがあまりにもうるさかったり、トイレや爪とぎを決められた場所以外でしたりした場合は、本譲渡にはできないという条件付きでした。
ティティがその条件を守れるか心配で仕方ありませんでしたが、いざ仮譲渡で私の家に来ると、威嚇こそしましたが、夜鳴きは初日からずっと、1度もしませんでした。
トイレも爪とぎも決まった場所以外ではせず、とても良い子だと思ったのですが、威嚇するということは緊張している・怖がっているということなので、ティティにとってストレスになっているだろうと心配にもなりました。
しかし、数週間後に本譲渡となる頃には、コタツの中に潜ってきたり、気まぐれに家族に甘えてゴロゴロ言ったりと、すっかり家になじんでいました。
また、本譲渡の際に、名前がティティからロイへと変わりました。
今でもロイは私達が近くを通ると逃げたり、私達を遠くからじっくり観察したりしていますが、甘えてくる頻度が増え、威嚇はしなくなったので、最初よりもずっと距離が縮まったのではないかと思っています。

ロイ1(縮小版)
コタツの中で、無防備にすやすやと眠っています。保護スペースにいるときには見せなかった、幸せそうな表情です。この寝顔を見たとき、猫達が本当にいるべき場所は、外でもなく、このサークルでもなく、家族に愛してもらえる温かい家庭なのだと改めて感じました。にいがたカレッジキャットの保護スペースは、猫が里親様に引き取られて、幸せに暮らせるようになるまで保護しておく所だと考えています。
たくさんの人懐こい猫達が、温かい家庭に引き取られる時を保護スペースで待ち続けています。
少しでも気になった猫がいましたら、ぜひとも仮譲渡として一緒に暮らし、猫の愛らしさ、猫と一緒に暮らす幸せを感じて頂きたいです。

まとまりのない長文になってしまってすみませんでした。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。