http://niigatacollcat.blog119.fc2.com/(ホームページ移転しました!)
☆新潟大学内にいる猫のむやみな繁殖拡大を防ぎ、猫と人間のよりよい共生を考えています☆
ツイッターもはじめました!→http://twitter.com/#!/niigata_collcat
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを
2012年07月06日 (金) | 編集 |
こんにちは
今日のブログは、毎度毎度場違いな理系トークをする私、ミルヒが担当させていただきます。

最初にお詫びを…
昨日がブログ更新日だったのですが、私の不注意で今日になってしまいました。
申しわけございません。

では、いつものようにあいさつ代わりの(?)数学を一問投下してから本題に入っていきましょう。
問題
次の式は正しいか。
0.999…=1
非常にシンプルな問題ですね。こんなの簡単、って方は、わからない人になんて説明したらわかってくれるかまで考えてみるといいかもしれません。

え?そんなのどうでもいい?
そうですね。わかってます。
ではここからは普通にいきましょう。

それでは本題に入らせていただきます。
先日、学内の駐車場付近の道路で子猫が死んでいた、ということがありました。
私はその様子を直接は見ていないので、どの様にして亡くなったかなどはわかりませんが、サークル員の何人かで埋葬させていただきました。
埋葬前、その子猫を見つけた母猫は、鳴きながら子猫をなめており、とても切ない光景だったそうです。

にいがたカレッジキャットというサークルに所属していると、このような場面に遭遇することが多々あります。
では、今年の春からサークルに入られた方は、このようなことに対し、どの様に思われたのでしょうか。
先週の記事では、サークル長からの質問について採り上げられておりましたが、そちらで様々なことを考えていると思いますし、また、最近は日々の活動の中で、殺処分についての話をするなど、動物の命について考える機会が多くあるように思います。

この様なことが起こっている現状の中で、私たちには一体何ができるのでしょうか。
不幸な猫のために、何ができるのでしょうか。

サークル員ひとりひとりがしっかりと考えを持ち、常に死と隣り合わせという野良猫の劣悪な環境を変えるべく、全力で活動に取り組んでいくべきだと思います。

駄文失礼いたしました。
今日はこれで失礼いたします。

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
いつもお疲れ様です。

「ご支援の受付を終了しました」とのことでしたが、
このブログの右側に、ご支援のお願いが残っていますね。
ちょっと気になったのでご連絡まで。

猫ちゃんたちが雨に濡れていませんように。
2012/07/06(金) 18:22:22 | URL | みう #TRcOFq4w[ 編集]
>みう様

Web担当のカカオです。
支援の件ご指摘ありがとうございました。
ご指摘通り該当の記述を下げさせていただきました。

またなにかお気づきの点がありましたらよろしくお願いします!

大学内は今日も雨が降り続いています。
子猫が生まれたエリアもあることですし、凍えていないこと、風邪をひかないことを祈るばかりです。
2012/07/07(土) 22:46:39 | URL | カカオ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。