http://niigatacollcat.blog119.fc2.com/(ホームページ移転しました!)
☆新潟大学内にいる猫のむやみな繁殖拡大を防ぎ、猫と人間のよりよい共生を考えています☆
ツイッターもはじめました!→http://twitter.com/#!/niigata_collcat
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


外猫と家猫
2014年03月02日 (日) | 編集 |
こんばんは。今回はさんえんがブログ担当です。
更新を遅らせてしまって大変申し訳ありません。

もう3月になりましたね。
大学周辺は雪もなく、猫達も例年と比べると快適に冬を越しているようです。
寒さ対策なのはわかるのですが、ふくふくまるまるしている大学猫達をみると、まるで家猫のように見えてきます…。

ですがそれはそう見えるだけで、大学猫達は一日中寒い外で過ごしているのです。
普通の野良猫であれば、冬を越すどころか、日常生活も大変でしょう。
大学猫達も野良猫ではありますが、NCCの活動で、少しでも快適に過ごしてくれればと願います。
雪が降らないことは人間にもありがたく、毎日の活動が行いやすいです。

これから段々と暖かくなっていきます。
猫も人も一緒に無事に、春を迎えられたらと思います。

以上、さんえんでした。

冬も終わりそう?
2014年02月13日 (木) | 編集 |
こんばんは、マンタローです。
今年の新潟は雪が少ないまま、春になろうとしています。

春といえば出会いの季節であり、別れの季節でもあります。
カレッジキャットでも4回生の先輩とのお別れが近づいてきています。
普段は餌の当番のシフトが被らないと話をする機会はほとんどないのですが、
先輩方には活動外でも色々な話を聞かせていただいて、本当に尊敬できる方たちです。
先輩たちがこれからどのような道へ進もうと、私たちはそれを応援していきたいと思います。
と同時に、3年後、後輩たちに笑顔で追い出されるような先輩になりたいなと思いました。

猫たちはこの冬をしっかり乗り越えてくれたみたいで、餌を鳴らすと元気にすり寄ってきてくれます。
春には新しい猫にも出会えるのかな・・・?と思いながら、あと少しの冬、私はコタツで堪えたいと思います


今週末はまた寒波が来るみたいですね!(涙)

いまさら雪とか勘弁してくださいよ・・・・
2014年02月08日 (土) | 編集 |

お久しぶりですバジルです。
まずは、更新が遅れてしまい申し訳ございませんでした。
しかし、いきなり雪がドカーンと降りましたね。起きて外でたら積もっててすぐに絶望しました。
今年はほとんど雪もなく猫にも人にも過ごしやすい冬だなーなんて思ってたら最後の最後に新潟に裏切られてしまいました。


あとひと月たてば春になり、四年生の方々も大学を去ることになります。
自分たちが一年生の頃、今の四年生がサークルをまとめていて、何もわからない私たちにこのサークルの目的、
現在のノラ猫たちの現実など様々なことを教わりました。
四年生にたくさんの迷惑をかけたと思います。先輩たちのようにこのサークルをまとめていけるかはわかりませんが、
先輩たちが伝えてくださったこのサークルの大事なところはしっかりと後輩たちにも引き継いでいけるように精一杯、
頑張っていこうと思います。先輩方いままでありがとうございました。


話は変わりますが、このサークルの普段の活動についてお話させてもらおうと思います。
友人にもねこさーって普段何してるのってよく言われますので・・・・・・
まず、基本的にしているのはネコのエサやりです。
基本的にノラ猫への餌やりは禁止されていますが、かわいそうとかではなく目的をもってやっています。
食堂などの近くに住み着いてしまうと人に迷惑をかけてしまうので食堂から離れてエサをやり、
人の迷惑にならないようにしています。また、TNR活動をこのサークルは行っているので、
ネコを人に慣らすための餌やりという一面もあります。
日々、エサをやることで猫の体調のチェックも行っています。
このように、エサやりだけしているサークルに思われがちですがいろいろ考えてやっています。
ねこと触れあいたいという人はぜひこのサークルに見学に来てみてはどうでしょう?
現状を知る良い機会にもなり、勉強になると思いますよ


最後まで読んでくださってありがとうございます。
寒い冬ですが、ねことともに頑張っていきますので今後ともよろしくお願いします。
今回の担当はバジルでした。







2014年01月30日 (木) | 編集 |
こんにちは、今回の担当はちょんぼです!
今更ですが(本当に)、今年もよろしくお願いいたします。

前回の担当が11月末、記事中で寒い寒いと言っていたわけですが確実に現在のほうが寒うございます・・・
みなさんは新年を迎えるにあたって何か抱負は決めましたか?
年始というのは今までの自分に区切りをつけて、気持ちを新たにできる良い時期だと思います。
去年までの自分を省みて、襟を正す・・・大切なことですね!
ちなみに私は省みるべきことが多すぎました笑

省みて思ったのは、普段のNCCの活動をサークルに入ったときと同じような気持ちでできているかということです。
もちろん、サークルに入った当初とは自分の置かれている状況が違ってきて、サークルの活動以外にもしなければいけないこと・したいことが増えてきました。
ただ、だからといってこのサークルでやるべきことを疎かにしたり手を抜いたりしてはいけないと思いました。
当番の日にちが決まったらすぐスケジュールに記入する、お世話をしている猫一匹一匹の体調を必ず確認する、メールで回ってきた内容をしっかり見る・・・どれも最初のころは自分で心がけて出来ていたことですが、いつの間にか忘れたり気にかけなくなっていたことばかりです。

今までやってきたことを続けながら、新しいことを始める。
難しいことかもしれませんが、意識すれば不可能ではないと思っています。
特にこのサークルの活動は命と触れ合うという責任のある活動で、なあなあで手を抜くことはできません。
常にそれを意識しなければと、新年を迎えて思いました。

・・・と偉そうなことを書いてしまいすみません笑
今日はこのへんで失礼します、次回もよろしくお願いいたします!

やっぱり日本
2014年01月23日 (木) | 編集 |

はじめまして。
新たにブログ担当になりました、1年のむぎです。

なんとこの記事、私の人生初のブログ投稿ということで…恐る恐る文字を打っております。
どうぞお手柔らかにお願いいたします。

さてNCCのブログということで〜
この機会に、私が個人的に好きな「日本猫」について書きます。
ヒマな方はお付き合いください。




▼日本猫とは
和猫とも言い、約8世紀頃に日本に伝わり、その後定着した尻尾や胴が短く太い猫のことです。
外国の猫と比べて色分けが独特なことから、その色や模様によって種類を分けるようになりました。


▼代表的な種類
「白猫」「黒猫」「サビ猫」「トラ猫」「ブチ猫」「三毛猫」の6種!


・白猫
真っ白な猫。
青い目や左右の目の色が異なるオッドアイの場合があります。
オッドアイの白猫は、青い目の側の耳に、聴覚障害が起きやすいと言われています。

・黒猫
真っ黒の猫。
基本的に、大半の毛が黒ければ小さな白斑(エンジェルマークと呼ばれる)があっても、黒猫と呼ばれます。

・サビ猫
茶色と黒が混ざった色の猫。
突然変異種であり、遺伝子の関係でサビ猫のほぼ全てがメスです。

・トラ猫
しま模様の猫。
模様によって呼び名が「キジトラ」「茶トラ」「サバトラ」等と細かく分けられます。
オスが多いです(初耳)。

褐色地にグレーの縞→キジトラ
褐色地に茶の縞→茶トラ
灰色地に黒の縞→サバトラ


・ブチ猫
白地に黒、白地に茶の2色の猫。
お腹と足の部分が白い毛の猫が多く、胴体の模様にさまざまなパターンがあります。

・三毛猫
白、茶、黒の三色が混ざった猫。
お腹が白く、胴体の模様はブチネコ同様にさまざまなパターンがあり個性豊かです。
大半がメスです。


白い面積の多い猫はメスが多く、白以外の色が多い猫はオスが多いんだそうな。



手足がシュッとしたカッコイイ猫も、胴長短足で長毛の猫も大好きですが、やっぱり馴染みのあるのは日本猫!シンプルなかわいさ!

そういえば大学猫の大半も日本猫ですね。愛すべき日本猫。


むぎでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。